福田剛大さんインタビュー



takagi.gif

「24人に1人渡すだけで仕事が取れる『絶対受注名刺』」の著者である福田剛大さん。仕事の取れる名刺の専門家として、出版を目指すようになるまでのご経歴や出版後の効果などを語っていただきました。

出版を目指すにあたっての人脈の作り方など、参考になるお話が満載です。


takagi2.gif


【プロフィール】
福田剛大(ふくだたけひろ) コミュニケーションを円滑にする営業ツール企画会社「大福」代表。 名刺研究所所長。日本名刺協会理事。自己ブランディング大学講師。 「名刺は"命使"」を旗印に掲げ、日本で唯一「仕事が取れる」をコミットメントした、ビジネス名刺の専門家として知られる。 1968年生まれ。岩手県遠野市出身。 日本大学法学部新聞学科卒業後、広告・マーケティング業界に14年。 電通ワンダーマンなどを経て独立。 もともとWEBマーケティングのスペシャリストでありながら、自身のマーケティングは名刺と口コミだけで行なうという徹底振りは、木戸一敏氏、中山マコト氏らなど多くのブランド人からも共感を集めている。 過去に対人恐怖症を克服した経験から 初対面で仕事が取れる名刺メソッドを確立。 "名刺は命使"(命の使い方を名刺で瞬間伝達)を掲げ、専門誌・WEBにコラム掲載、ラジオ出演など多数のメディアに取り上げられる。 また、全国各地で講演やセミナーを開催している。 主な講演先に、東京商工会議所、日新火災海上保険、 営業実践大学、デジタルジュエリー協会、アックスコンサルティンググループなど多数。


ブログはこちら http://ameblo.jp/getjazzed/


【著書】




インタビューでは、著者になる前のご経歴や出版のきっかけのつかみ方、Amazonキャンペーンで多くの人を巻き込んだ方法などをご紹介しています。

インタビュー音声とPDFは下記よりダウンロードできます。






▲このページのトップへ